FC2ブログ

キレイなモノを買う!

プロダクト・デザイナーの眼で見たモノ

Category: 生活雑貨 > ステーショナリー 2  

一般用途ハサミ FF-9853 / FISKARS



FF9853-2.jpg

フィンランド FISKARS社の一般用途ハサミ FF-9853。
FISKARS社は1649年フィンランドのFISKARSという小さな村で誕生し、今では350年以上もの歴史と品質に裏打ちされたグローバル企業と
なっている。現在は刃物だけではなく、ヒンジやネジ類の小型パーツから、ボートなどの屋外レクリエーション機器、さらには船舶のスクリュー
など多くの精密鉄製品を製造するまでになりましたが、フィンランドの小さな村のルーツを見失うことなく、厳選された素材、考え抜かれたデザ
イン、そして誰もが長く使える品質を持った製品を作り続けている。

下の写真のはさみは今回紹介のモデルとは違い、やはり一般用途用の旧モデルで現在は販売を終了しているものと思われますが、私が学生時代に、
当時 FISKARS社のハサミを扱っていた銀座伊東屋で購入したもの。たぶん職業柄、一般の方よりハサミの使用頻度は高いと思いますが、現在も
ガタは一切出ず、切れ味も維持しているのは驚きです。デスク上の頼もしい相棒です。
このハンドルのオレンジ色は、社のイメージとして世界中で知られており、当時それまでの鍛造の重いハサミのイメージを一変させた、軽量で
人間工学に基づいたデザインは、女性や年配の方にもやさしい商品と言えるでしょう。また使い勝手に大きく影響する部分として、少数派の左利
き用のバージョンも用意されていたのは、常に人を一番に考えたモノづくりの姿勢の表れでもあるでしょう。

使い捨て商品などによる、資源のムダ使いと環境破壊などが大きくクローズアップされてきている今、これほど長年、愛着を持って使えるモノは、
本来のモノのあるべき姿、これからのモノのあるべき姿、そして人とモノとの関わりのあり方を教えてくれているような気がします。


●サイズ:全長約210mm(刃部分:約100mm)
●重量:約83g
●素材・材質:刃部/ステンレス刃物鋼、ハンドル部/ポリスチレンフタレート樹脂
●原産国:フィンランド

F9853-3.jpg

FF9853-5.jpg
1942年当時の社屋が残るFISKARS風景

生活雑貨 - ステーショナリー 2 - 16     amazonを見る

スポンサーサイト




Newer Entry爪切り / 木屋

Older Entryサーモジャグ “キート“ / RIVERS

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >