FC2ブログ

キレイなモノを買う!

プロダクト・デザイナーの眼で見たモノ

Category: Gallery > Gallery 1  

Gyroplane "Cavalon"(AutoGyro GmbH)

ドイツ AutoGyro社の超軽量ジャイロプレーン "Cavalon" です。

     

このジャイロプレーンは、複合材料による高度に統合されたモノコック構造により、最適のパワー対重量比となっており、高い安全性と
効率を実現している。
また、コックピットは個別に調節可能な座席、ステアリングペダルなど個人のニーズに対応できる人間工学に基づいた設計となっており、
コンパクトな機体ながら内部は十分な広さを確保している。

人目をひいて売るためにといったアプローチではなく、機能を追い込んだ結果としてできあがった形ですが、それだけにその美にウソは
ありません。
残念なことですが、その誤ったモノづくりのアプローチを当然のことと考えている、メーカー、モノづくりに関わっている方も非常に多い。
"売って儲ける" そこが目的となっているかのようなモノづくりからは、人の幸せにつながるようなモノは生まれない。
限りある貴重な資源とそして貴重な時間と労力とを使い生み出されるモノ、その目的にも重い社会的責任が伴うことを理解しなければなら
ない。そこに気がつくか否か、モノの作り手、メーカーとしての大きな分かれ道と言えるのではないでしょうか。

     Gyroplane-2.jpg

Gallery 1 - 16
スポンサーサイト




Newer Entry2ポートUSBアダプター "UCAC-SQ1"(URBAN UTILITY)

Older Entryハンギングドアストッパー(山崎実業)

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >