FC2ブログ

キレイなモノを買う!

プロダクト・デザイナーの眼で見たモノ

Category: 家具 > チェア  

Seven Chair / Fritz Hansen



1955年、デンマークの建築家・デザイナー Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)のデザインで誕生したこのスタッキングチェアは、60年以上経過した現在も
色あせることなく、そのモダンな印象を維持しており、これまでに世界で一番売れたスタッキングチェアとして知られ、日本でも一般家庭のみならず、オフィス、
図書館、美術館といった公共施設、飲食施設............など幅広いシーンで使われてきた稀代のベストセラーとも言える名作。
メーカーは、同じデンマークの Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)社。
名前の由来については、背もたれを前から見ると7の字に見えるとか、2枚の仕上げ板の間に7枚の合板を挟んだつくりからとか、あるいは型番の「3107」から
きているとかいろいろ説があるらしい。

このチェアが生まれた当時の状況を考えると、まだまだ座面と背面を一体にしたシェル型に成形することは容易ではなく、まさに成形合板の加工技術の進歩
とのせめぎ合いの中から生まれてきたものと言えるのでしょう。そしてそんな成形合板の加工技術と座り心地、外観との最適なバランスが高いレベルで成立した
結果であったとも言えるでしょう。
成形合板による一体型シェルのチェアというまだ見ぬ未来を志向していた当時のコンセプトが、現在でもフレッシュなテイストを保っている理由かもしれない。

現在、リプロダクトとして、オリジナルのFritz Hansen社以外のいろいろなところからリーズナブルな価格での商品が出ているのを目にするが、正直なところ、
つくり、強度、耐久性、色調..............など、当時のJacobsen とメーカーであるFritz Hansen社の技術スタッフとが、熱い思いをもって創り出した本来のこの
Seven Chair の品質が保てているのか疑問に思えるものも多く、ちょっと寂しい思いがする。メーカーとしてのモノづくりの姿勢が問われるところであろう。

●サイズ:W500 x D520 x H780 SH440 (日本サイズ)
●デザイン:Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)
●アームレスト付、キャスター付などのバリエーションあり。
●カラーバリエーションあり。

SevenChair-2.jpg SevenChair-3.jpg SevenChair-4.jpg

SevenChair-5.jpg SevenChair-6.jpg SevenChair-7.jpg

SevenChair-8.jpg

家具 - チェア - 1     売り場を見る
スポンサーサイト




Newer Entryバンカーズボックス / フェローズ

Older EntryTable Alarm Clock “Optic” / ALESSI

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >