FC2ブログ

キレイなモノを買う!

プロダクト・デザイナーの眼で見たモノ

Category: 生活雑貨 > 雑貨全般 1  

爪切り (kershaw)

     kai-2.jpg

日常の中では、あまり目立たない存在ですが、ほとんどの人が、お世話になっているという商品ではないでしょうか。
性質としては、工具類等と通じるものがあり、機能をとことん追求して、結果として形状が決定するといった過程が一般的なのでしょう。
そんな従来の爪切りですが、この爪切りは開発にあたり、ちょっと違ったアプローチをとったと思われます。
漫然と機能を追うだけでは、同じようなものになってしまうので、最初にこういうものにしたいという、はっきりした方針を持って臨まないと、
流れは変わりません。

この爪切りの基本となるボディは、成形(MIM)によってできており、それに加工処理して仕上げをしているようです。
出来上がったボディは、厚みわずか4mm、精度感と機能美にあふれており、この日常使いの道具をある種、宝飾品にも通じるような高級感と
気品ある美を備えた商品としています。

従来の商品に対する固定されたイメージを、変えるという意味で成功した商品開発の一つの例と言えるでしょうか。

この爪切りを知ったのは10年以上前に貝印の製品としてでしたが、生産もそのグループ会社であるカイインダストリー株式会社だったと記憶して
ます。貝印株式会社は、安全カミソリに使用されるプラスチック材に、植物原料から生まれた完全分解性プラスチック(バイオポール)を90年代
前半から採用するなど、環境に配慮した商品に早くから取り組んでいるメーカーでもありました。
そんなこの爪切りとの出会いでもあったわけで、その後の事情はわかりませんが、現在は米国のポケットナイフのトップブランドとして
知られた "kershaw(カーショー)" 名でリーフタイプの爪切りとして販売されています。OEMということなのでしょうか?ちょっと気になります。

●材質:本体-ステンレス刃物鋼、ヤスリ-ステンレススチール
●サイズ:58 x 13 x 3.5mm
●重量:17g
●生産国:日本

生活雑貨 - 雑貨全般 - 2     売り場を見る
スポンサーサイト




Newer EntryELA Desktop Caliculator "LC59"(LEXON)

Older Entry電気ケトル "ビストロ"(bodum)

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >